お問合せ

授業について

スクラッチ

Scratchは、MITメディア・ラボのライフロング・キンダーガーテン・グループの協力により、Scratch財団が進めているプロジェクトです。https://scratch.mit.edu から自由に入手できます。

iTeenではまずは小学校、中学校の授業にもとりいれられている、ビジュアルプログラミング言語スクラッチ(Scratch)から授業をスタートいたします。
2020年から学校での授業が始まったばかりです。スクラッチを触った事がある子どもさんはおられますが、しっかりと学習できている子どもさんは少ないと考えています。
当校は個別のカリキュラムを、それぞれの子供さんの理解度・習熟度にあわせたスピードで授業をすすめます。未経験者はゆっくり、しっかりと、経験者でも新しい気付きや、より深い理解が出来るように授業いたします。
それが今後の授業理解や上位プログラム学習への移行に役立つと考えています。

第1フェーズ
第1フェーズ

まずはITリテラシーの指導。スクラッチ(Scratch)のブロックの機能を学び、その機能を用いて簡単なプログラムを作成します。日々タイピング練習も行います。

第1フェーズ
第2フェーズ

第2フェーズ
第2フェーズ

基本機能は学習できたので、プログラム設計書(フロー図)考え方書き方を学び、すでに完成されたプログラムを見て、構造やフローを理解し、設計書にして具体的に図上に表現する力を身に着けます。反復練習を行い、プログラミング的思考・論理的思考を育成します。

第3フェーズ
第3フェーズ
第3フェーズ

オリジナルプログラムの作成。まずは何をどうしたいか考え、設計書を作成します。積み上げの考えではなく、ゴールから逆算の考え方を学びます。そして、それをスクラッチ(Scratch)でプログラムを組み立て、完成させる。創造力や表現力を育みながら、論理的に考え、トライ&エラーを経験し、自分の思いを表現する力を習得します。

第3フェーズ

プログラミングでは算数(数学・物理)も学べます。スクラッチ(Scratch)でゲームを作成するには算数の知識が必要になります。小学生低学年では習ってない内容や中学校で習う内容も出てきますが、それもプログラムとあわせてかみ砕いて理解できるよう教えます。このあたりも学校での勉強に対してアドバンテージなると考えています。